結婚記念日の挿し木薔薇、咲く(3年越し!!)

さて、長年このブログを読んでくださっている方なら覚えている方もいるかもしれません。 2016年に結婚記念日にもらった薔薇を挿し木にしたのですが、当時は全く薔薇に関する知識も薄く、挿し木に向く薔薇とそうでないもの(台木が必要)があるなどまったく知らず。 その後も枯れはしないものの、成長もほぼせず、最後に進捗状況をここに書いたのは挿し木から1年4ヶ月後のことでした。 今でもこの時と大き…

続きを読む

2019年開花45番目の薔薇(ピエール・アルディティ)

昨年の秋に鉢植えから地植えにしたピエール・アルディティ。 今年はかなり遅めの開花となり45番目でした。 これで今年の我が家の薔薇、一番花の紹介は終わりとなります。 でも・・・今年も咲きませんでしたよ、シラノ・ドゥ・ベルジェラック!! お迎えして2年目なのに絶不調です>_< やはり今年こそ地植えにするべきかもしれません。 そんなシラノさんとは対照的に、↑のピ…

続きを読む

2019年開花42-44番目の薔薇(モニカ・ベルッチ、ジャルダン・ドゥ・バガテル、スヴゥニール・ドゥ・バデンバデン)

ちょっと・・・というか、かなり間があいてしまって、我が家では2番花もとっくに終わっているのにですが、今さらの開花報告。 今年の春に裸苗でお迎えしたばかりの、モニカ・ベルッチが42番目。 花びらの裏が白い変わり種ですが、写真より実物の方がきれいでツートンがはっきりです。 ↓43番目は末っ子がどうしてもと言ってお迎えしたジャルダン・ドゥ・バガテル。 何といっても強香で甘い…

続きを読む

2019年開花39-41番目の薔薇(クリストフ・ドゥシェヴァンヌ、ゴールデン・セレブレーション、ミスター・リンカーン)

何と何と、今年の4月に裸苗でお迎えして地植えにした↑クリストフ・ドゥシェヴァンヌが花を咲かせてくれました!! 我が家の薔薇の中では今年の開花39番目の薔薇になります。 ↓先進むとフリフリの白っぽい感じになります。 花持ちが割と良さそうで1週間くらいは大丈夫。 一緒にお迎えした薔薇の中で唯一地植えにしたのが良かったかな?と思ったのですが、実は他の株もかなり充実していまし…

続きを読む

2019年開花33-38番目(パトリック・プワヴル・ダヴォア、フェアリー、フィリップ・スターク、フィフィ・スュー・ラ・ヴォリエ、チャールズ・ダーウィン、アイシードリフト)

最近色々忙しくてなかなか更新出来ずにいますが、記録のため。 33番目はパトリック・プワヴル・ダヴォア↑ 鉢植え管理だからか、今年もそんなに花付も良くなく…地植えを考えた方がいいのかなぁ。 34番目は大きな鉢植えにしているフェアリー↓ 35番目はフィリップ・スターク↓ 地植えにして少しは元気になるかな?と思ったものの、今のところは特に変化なし^ ^; 周…

続きを読む

2019年開花27-32番目(フォールスタッフ、モーツァルト、ジュビリー・セレブレーション、レディ・エマ・ハミルトン、カリジア、ボッシュエ・エイグル・ドゥ・モー)

2019年開花27番目の薔薇はフォールスタッフ。 強風の陽が続いてちょっとくたびれていますが^ ^; ↓28番目はモーツァルト。 こちらはアーチの片側に植えてあるのですが、反対側ではコーネリアが満開。 ↓29番目はジュビリー・セレブレーション。 今年はオレンジっぽさが強く感じられ、お隣のアレクサンドラと形がとても似ているものの、比べると尚更オレンジ色感が強く感じ…

続きを読む

2019年開花20-26番目の薔薇(ソンブレイユ、レッド・パヒューム、ガーランド・ダムール、バレリーナ、ティージング・ジョージア、ジョルジュ・サンド、レディ・ロマンティカ)

↑2019年開花20番目の薔薇はソンブレイユ。 昨年からヒョロヒョロっとですが、だいぶ背が高くなってきました。 ↓21番目はレッド・パヒューム。 ↓22番目はガーランド・ダムール。 グループ咲の小さな花が可愛らしいです^ ^ ↓23番目はバレリーナ。 ガーランド・ダムールのお隣にいます。 ↓24番目は昨年お迎えしたティージング・ジョー…

続きを読む

2019年開花14-19番目の薔薇(トランクウィリティー、チェリーボニカ、ピンクパンサー、リリ・マーレーン、ポップコーンドリフト、ミステリューズ)

↑昨年裸苗でお迎えしたトランクウィリティーが咲きました! お天気が悪かったのと、すぐ隣ではアイスバーグがハナムグリにボロボロにされていたので一番花がキレイに咲くか心配でしたが、何とか大丈夫でした^ ^ ↓15番目はチェリーボニカ。 おまけでもらった薔薇ですが、今年はだいぶ株が充実してきました^ ^ ↓16番目はピンクパンサー。 薔薇にありがちなレモン調の香りでは…

続きを読む

2019年開花9-13番目の薔薇(プリンス・ジャーディニエ、リン・ルノー、プリンセスアレクサンドラ、クリスティアナ・レアリ、ピエール・ドゥ・ロンサール)

2019年9番目に開花したのはプリンス・ジャーディニエなのですが…なんと発見した時にはハナムグリにボロボロにされてました^ ^; ↓10番目はリン・ルノー。 昨年はもうちょっと中が詰まった感じだった気がしますが、相変わらず香りは爽やかで素敵です。 ↓11番目はプリンセスアレクサンドラ・オブ・ケント。 お気に入りのひとつです。 伸びてくれるのは嬉しいのですが、本当…

続きを読む

2019年開花2-8番目の薔薇(クイーンエリザベス、コーネリア、アイスバーグ、アニー・デュプレイ、アイス・メイアンデコア、ピース、インターフローラ)

2019年2、3番はクイーンエリザベスとコーネリアが同時に咲きました^ ^ こちらも毎年早咲き組の定番。 ↓コーネリアは本当に成長が早くて丸2年でアーチの真ん中あたりまで成長してくれて、横のボリュームもかなりなので2月に結構さっぱりと剪定しました。 ↓4番目はアイスバーグ。 ただ今年はハナムグリがたくさんいて今のところ花数が少ないのでほぼ皆ボロボロにされてます^ ^;…

続きを読む

メイアンの薔薇4種をお迎え(ジャルダン・ドゥ・バガテル、モニカ・ベルッチ、クリストフ・ドゥシェヴァンヌ、ミスターリンカーン)

もう4月だというのに裸苗でメイアンから4種類の薔薇が届きました。 こんな時期なのでまぁセールですね^ ^; ジャルダン・ドゥ・バガテルは下の娘が1年ほど前から欲しいと言っていた薔薇でクリーム色から薄いピンクに条件によって色が変わる品種。 クリストフ・ドゥ・シェヴァンヌはメイアンでも新しい方の品種でクリームから黄色の爽やかな色の品種。 モニカ・ベルッチは前からずっと気になってい…

続きを読む

2019年開花1番目の薔薇は…

今年は2月まで薔薇が咲き続ける中無理やり剪定、誘引しましたが、その後驚くようなスピードで新芽が出て葉が茂り、とうとう一番花が3月最後の日に咲きました。 毎年古株の薔薇の開花が一番早いのですが、今年も例にもれず古株のピンクの品種不明の薔薇が一番に開花しました。 昨年から結構古い枝を根元から切り落として枝を更新しているのと、誘引もそれなりにしているので(一昨年までは完全放置^ ^…

続きを読む

David Austinの薔薇2種をお迎え(ティージング・ジョージア、トランクウィリティー)

ここ1週間ほどで前庭が驚くほど変わったのですが、とうとう新しい薔薇コーナーまでたどり着きました。 前庭の一番奥に位置する壁沿いの場所です。 画像左にピース、右側にアイスバーグが植わっています。 今回この部分にあったものをすべて取り除きつつ、手前30cmくらい拡張しました! そしてようやく薔薇のお迎え!! もうそろそろ場所的に厳しくなってきているので鉢管理が出来るようなものやコン…

続きを読む

薔薇アニー・デュプレイとレディ・ロマンティカを地植えに

先日薔薇をいくつか鉢植えから地植えにしましたが、あれからなんと前庭のトランポリンを急に撤去することになり、予定よりも早く前庭のスペースすべてが使えるようになったので、早速地植え待ちだったアニー・デュプレイとレディ・ロマンティカを植えました。 先日植えたミステリューズなどと同じ場所でかなり薔薇だらけなのですが、どの品種もコンパクトで1m未満の大きさです。 アニー・デュプレイの右隣には鉢…

続きを読む

薔薇チャールズ・ダーウィン他3種を地植えに

先日のエマに引き続き、薔薇の地植え計画着々と進んでおります。 ちなみにトップはエマの現在で、植え替えしてからも新しい葉が出てきて元気そうです。 さてこの日の植え替えは鉢植え2年目のチャールズ・ダーウィン。 前庭から裏庭へ移動して地植えに。 BBQの横なのですが、ここは秋冬あまり陽が当たらないものの春夏は適度に陽があたるので大丈夫かなと。 あんまり大きくなると困る…

続きを読む