良い妻になって家庭環境を良くしたい




久しぶりに本の話題です。
今年はかなり読むペースが遅く、というより読む時間がなかなか取れず、100冊読めるか読めないかと言う感じですが、量より質!(言い訳 笑)
今日は最近読んで面白かった本のご紹介。
だいたい一つの新しいことについて読むと、もっと知りたくなって芋づる式に何冊も同じような本を買ってしまう癖があるのですが(苦笑)今回もそんな感じ。
まず入り口となったはトップの本、「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか」

タイトルを見て夫向けの本だろうなとは思ったのですが、実際夫向けです。
でもすごく面白い!
男性が男性に向けて、「女性は皆わがままなんだから、諦めなさい!」と言い放っているのが辛辣な印象なのですが、語り口がとてもユーモアに富んでいて面白い。
逆に男性にここまで言われたら、「そうだ、そうだ!男性諸君よ、本にある通り、行動を改めなさい!」となるよりも、こんなに私たち妻って夫にひどいの?と逆に申し訳なくすら思えてきました^ ^;
これは夫にも妻にもおすすめの本です。

この本でより一層夫婦について興味が出てきた私は、結構有名なこちらの本を購入↓




元々は「妻のトリセツ」が先に出版されて話題になったようですが、今回は夫のトリセツだけ購入。
こちらもなかなか面白かったので、夫には是非「妻のトリセツ」を読ませてたいところ。




しかし私の夫に日本語を読めというのは無理^ ^;
でもクリスマスや結婚記念日なんかに、両親にそれぞれプレゼント!なんて、良いアイディアだと思います。
(私は今年のクリスマスに良心にプレゼントする予定 笑)

この本を読んで私が一番に思ったのは、夫の取り扱い方よりも息子の取り扱い方!
夫にグズグズ言ってる妻が、そういう文句を言いたくなるような夫の卵(息子)を育てているんですよ!
いやぁ、本当にその通りだわと思いました。
息子の育て方とかの本を書いて欲しいくらいです^ ^;
すごくお勧めです。

この「夫のトリセツ」を読んで、この著者に興味を持った私は、相手(夫)がどうのではなく、自分の考え方や行動を変えたらどうなんだろう?と思い、こちらの本も購入↓




「夫のトリセツ」ほどは面白くなかったけど、まぁどちらかと言えば既婚者向けの本ではないので当然かもしれません。
でも女性が大好きな自分磨きの方向性が男性の望んでいるものとは違うとか、興味深い内容が多かったので読んで良かったです。
未婚の方にはこちらがお勧め。
結婚したら「夫のトリセツ」を是非(笑)



インタは毎日更新していますので、良かったら覗いて見てください♥

index.jpg france13_mika

良かったらブログランキングの応援クリックして頂けると嬉しいです^ ^

にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
スポンサードリンク

この記事へのコメント