結婚記念日の挿し木薔薇、咲く(3年越し!!)

IMG_3758.JPG


さて、長年このブログを読んでくださっている方なら覚えている方もいるかもしれません。
2016年に結婚記念日にもらった薔薇を挿し木にしたのですが、当時は全く薔薇に関する知識も薄く、挿し木に向く薔薇とそうでないもの(台木が必要)があるなどまったく知らず。
その後も枯れはしないものの、成長もほぼせず、最後に進捗状況をここに書いたのは挿し木から1年4ヶ月後のことでした。
今でもこの時と大きさは全く変わっておらず、正直そろそろ廃棄しようかと思っていたところ・・・
なんと3年目にして花が咲きました!!!
まったくもってオリジナルとはサイズも様子も違いますが(笑)それでも咲いてくれたことにびっくり。
3年目の浮気ならぬ3年目の開花です(笑)
お隣のミニ薔薇と比べてもそのサイズ感は歴然^ ^;

IMG_3757.JPG


私にとっての初めの挿し木薔薇なので、感動はひとしおです。
ただ咲いたのはひとつだけで、しかもご覧の通り葉も少なくスカスカ。
ここまで来たら枯れるまで育て続けますが、もう薔薇の挿し木をすることはないでしょう^ ^;



良かったらブログランキングの応援クリックをしてもらえると嬉しいです★
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • ミカさん、お久しぶりです!
    「ミッドライフクライシス」のタイトルからは、想像出来ないアクティブさに、やっぱり驚きながら。
    夫が仕事の忙しさから、ここ3年程、わが家は試練の時を過ごしてます。
    ちょっと振り返ってみると、夫婦揃って、ミッドライフクライシス?
    特に夫のやる気が、戻ってくるのを待っていますが、いつのことやら?

    バラの開花、おめでとうございます‼️
    見ただけで、幸せな気分に浸れる。
    小ぶりなのが、また、いじらしいね~

    考えて見ると、私もアウトプットする場がない。
    娘達にアウトプットしようとしても、うざがられるだけ。
    夫は入れるスペース無し。
    先日、友達に頼まれて、本のレビュー書いたけど、ちょっと嬉しいもんですね。
    私も娘と一緒に、英検の勉強始めます…
    2019年08月27日 14:00
  • ミカ

    >空さん

    コメントありがとうございます!
    アクティブ…と言われながら、一ヶ月近く放置中ですが^ ^;
    なんだかんだ忙しいのと、以前ほどブログを書かなくては!という気持ちがなくなったので、マイペースにしています。
    でもこうしてコメントもらえるとまた色々書きたくなっちゃいます(笑)

    空さんのお宅は試練の時なんですね>_<
    我が家もある意味年々試練がきつくなっている感じですが(苦笑)ここ1年くらいは私の精神レベルが少しずつですが上がってきているというか安定してきているので、何とか踏ん張っています。

    薔薇、ホントにようやくですが、嬉しかったです。
    ただ、花は一つで終わってしまいましたが^ ^;

    アウトプットは大事ですよね。
    もちろん人にアウトプットできれば一番いいのでしょうが、無理なら独り言でも書き出すでも、何もしないよりはいいかなと思って、なるべく意識して色々してます。

    娘さんと一緒に英検勉強良いですね!!
    私も今月の終わりまで残りわずかですが、目標達成の記事を書けるように頑張りますので、空さんも頑張ってください^ ^
    2019年08月29日 15:47
  • ミカさん
    長女が、今、6年生で、難しい年頃になってきたなぁ、と感じてます。
    でも、ちょっと落ち着いたんですけどね~
    真ん中の長男は、褒めても怒っても、エサをぶら下げても、中々動じなくなってしまった。
    これまた、難しくなってきました。
    ただ、我が家は、夫が「うつ病」診断されたけど、もしかしたら、早めのミッドライフクライシスじゃないかと疑ってます(私が)。
    そんな訳で、夫が子どもにキレまくりなのを、エスカレートする前に止めながら、誤魔化し誤魔化しの2年間です。
    私も、パートが頭打ちて、停滞気味なので、掛け持ちでケーキ屋さんのパート始めることにしました!
    こちらは、素材に拘った美味しいケーキなので、自分を誤魔化さなくて良い、期待大の仕事になりそうで、今から楽しみです。
    生活の糧の仕事とはいえ、やはり、納得出来ないことが多くて、私はイマイチ割り切れなくて、不器用。
    出来れば、こちらにパートをシフトしていきたいと考えてます。
    ミカさん、娘さんの12歳時期の難しさって、ありました?
    男女家族の場合の、性教育って、どんなものか、悩んでおります。
    未だに姉弟で、お風呂入ってるんですよね
    2019年08月30日 21:33
  • ミカ

    >空さん

    うつやメンタルの問題は本当に難しいですよね。
    私も散々長年苦しんだ上、結局認知行動療法が一番効果的だと思いました。

    ケーキ屋さんの仕事を掛け持ちすることにしたんですね。
    でも楽しみにされてるようで、良かったです。
    やっぱり仕事って楽しみややりがい、気の合う仲間とか何かポジティブな要素がないと、お金だけでは続けられませんよね。

    子供の問題は・・・我が家もここには書いてませんが、本当に毎年どんどんキツクなってます>_<
    これも私の今までの接し方や方針の結果なのだと思うと途方に暮れてしまいますが、その一方で親の影響というのはほんの数%くらいらしいので、最近は今にフォーカスしてますが、それでも「もう無理!!!」と思うことがあります。(実は昨日も一日それで吐き気がするほど怒ったりずっと嫌な気持ちですごしてました 苦笑)

    言われてみればやはり中学に入ったことから徐々に難しくなってきた気がします。
    同時に自分も良心に色々面倒かけたなと思ったり。

    我が家の場合、お風呂は上の二人(男、女)が3歳違いなので、娘が幼稚園の間は一緒に入っていました。
    でも小学校からは別々ですね。
    私は基本的に子どもたちとはお風呂に入らないので、末っ子も基本的にはずっと一人。
    我が家の場合は別に指示して別けたわけじゃなかったと思いますが、いつの間にかバラバラに入るようになった気がします^ ^;
    あまりそれに関して子供に直接言いたくなかったら、例えばお風呂の時間に、片方にお手伝いを頼むとかして意識的に一緒に入るチャンスを与えないようにするとか?^ ^;

    性教育も難しい話題ですよね>_<
    一般的には日本よりもフランスの方がややオープンな気がしますが、結局はそれぞれの家庭によって違いますよね。
    こちらでは女の子の場合生理が始まったら婦人科に連れて行って、医師からある程度指導してもらうという風にする家庭もあります。

    2019年09月01日 17:55
  • やはり、それとなく、が良さそうですね。
    アドバイス有り難うございます!
    子ども達が意識し始めた頃合いに気をつけながら、方向調整していきたいと思います。

    せまい家庭の中だけで見てると、本当につらい。
    でも、久し振りに会った、子どもの友達パパに、「相変わらず、どの子も自然体で美しい(イギリスの方だったから、表現が日本のお父さんと違う)」って言われました。
    ワガママ言ったり、お構い無く怒ったり、恥ずかしげもなく大笑いしたり、でも、変にスレてなくて。
    外から見ると、私が気づいてないところが、輝いて見えるようです。

    買い物に出掛けたら出掛けたで、好き勝手に走り回って、格好つけてぶつかりそうになったり、頭下げっぱなし、怒りっぱなしだけど、そんな風に言われると、肩の力が抜けました。

    子ども達はそれぞれ、生まれ持ったものがあるけれど、私自身の影がちらついて、それが見えると辛くもあり。
    でも、ここに書けない辛い内容があったとしても、直向きなところや、拘り、成長し続けるところとか、兎に角、ミカさんの「輝き」が、素敵な子ども達だと示してます。
    蛙の子は蛙とか、子は親の鑑とか。
    そんな檻に縛られずに、「子どもは子ども」で、freeに生きてほしいな~
    と思いながら、私も日々イライラしてます。
    (特に夏休みの宿題が、やっぱり最後まで残ってると)
    2019年09月02日 16:04
  • ミカ

    >空さん

    客観的視点って大事ですね。
    でもなかなか客観的に自分や物事を見るって難しいので、私は紙に書きだす方法をよくしています。
    悩みでもまとまらない考えでもなんでも、とりあえず紙にどんどん書いていくとそのうち頭の中にあるものも尽きて、それなりの答えに行きついたり、全然気付かなかったことにも気付けたりします。

    そうそう、子供には自分なりの夢や目標をもって好きなように生きて欲しいと思いつつも、こんなことしてたら(もしくは、なんにもしなかったら)将来が思いやられるよ!という矛盾したような葛藤が親にはどうしてもつきものですよね。
    私も常に良い習慣(早寝早起き、携帯やPCなどを使い過ぎない、適度な運動、読書などなど)を身につけることは将来の役に立つと思っているので、なるべく推奨しているのですが、その一方でいくら私があれこれ言っても、結局は本人のやる気の問題で、自分もそうだったようにある程度は大人になって後悔したりしながら、それぞれ修正していけばいいのかなとも思います。

    実際私も40過ぎても、メンタルコンディションを安定させるために試行錯誤を続けたり、悪い習慣を良い習慣に変えようと努力したり、勉強したりして少しずつ人生を良くしていこうとしているので、子供には遠回りはさせたくないというのが本心だとしても、彼らは彼らで無駄なことに時間を割いたり紆余曲折しながら生きていくのは自然なことなのかもと思ったり。
    冷たいようにも聞こえますが、子供の人生もある程度は自己責任と考えた方が良いのではないかというのが最近の考えです。

    ついでに言えば、基本的には人生でもなんでも、誰かや何かのせいにした時点で、自分がコントロールできない=あきらめるしかないということになるので、それなら自己責任にして自分が変われば対応できると思うようにしてます。

    「過去と他人は変えられない。
    未来と自分は変えられる」

    これが考えのベースです。

    (後回しのクセは私もあるのですが、最近は2分で出来ることはとりあえずすぐやるというルールでシステマティックに動くことにしてます。
    でも子供の勉強を後回しにしないように、毎日毎日確認したり勉強させるのは親も根気が要りますよね^ ^;)
    2019年09月04日 17:36