ゴミ箱を盗まれた…

タイトルの通りなのですが…
もう先月のこと、フランスではリサイクルゴミと普通のゴミ用の2種類のゴミ箱が各家庭に配布されるので(アパートなどでは大きな共同のゴミ箱だったりします)、収集日にゴミステーションや我が家の場合は家の前に出しておくと、中身を持って行ってくれるシステムです。
リサイクル用のゴミ箱は蓋が黄色なのでPoubelle jaune(黄色のゴミ箱の意味)と呼ばれているのですが、このPoubelle jauneが盗まれたのです!!

今までもたまに近所の人が間違って家のゴミ箱を持って行ったことがあったりしたのですが、当然気付いた時点で返す訳で、しかも間違った家のゴミ箱はそのままそこに残ることになるので、その家の人が間違って別のを持って行ったんだなと分かるわけです。
しかしその日は夕方になった時点でどの家のゴミ箱もきれいに消えていて、誰かが間違って持って行った線はなくなり、たま~に少し離れた場所に放置されることもあるので、近所を軽く捜索するも見つからず…
お隣さんに話したら、お隣さんの奥さんが朝の6時半頃に自分の家のゴミ箱を取りに行った時点で我が家のゴミ箱は見当たらなかったと…
ということは、その前に誰かが持ち去ったわけですよ。
本当に意味が分からない。

ただ万が一ということもあるので数日待ってみたのですが、我が家のゴミ箱が戻ってくることはなく、仕方がないので新しいゴミ箱を要請。
すると来週の月曜の朝に届けます!と。
まぁフランスなのに仕事が早い事!と感心して迎えた月曜日。
朝小学生の娘を学校へ送って返ってくると、家の前に緑のゴミ箱(普通ゴミ用)が…
まさか…
えぇ、間違って黄色のゴミ箱の代わりに緑のが届きましたよ- -;
電話すると次の月曜日に取り換えに行くので、家の前に置いておいて欲しいとのこと。
なので翌週の月曜に言われた通りメモの張り紙をして置いておきました。
しかし11頃になっても緑のゴミ箱はそのまま家の前…
嫌な予感がして電話してみると、来週の月曜のリストに名前が入ってますとのこと…
いや、今週って言ったじゃん。
でもこれ以上言っても意味がないのは分かっているので大人しく次の月曜まで待ち、ようやく黄色いゴミ箱が届きましたとさ。

ゴミ箱が届いてすぐにしたこと。
それはゴミ箱のあちこちに我が家の名前と番地を書くこと。
もちろん以前のゴミ箱にもかいてあったんですけどね、今回はさらにデカく、そして前後左右にも番地を書きました^ ^;
それでもゴミ箱が新しくなって初めての収集日はちょっとドキドキしましたけど、今のところは無事です。



良かったらクリックしてもらえると、こんなフランスで生活を続ける元気が出ます(笑)
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
スポンサードリンク

この記事へのコメント