女一人旅への憧れ...そして複雑な今の思い




実は旅行嫌いの私。
ちょっと思うことがあり、観光の旅というのではなく、一人旅の本を買いあさりました。
別に意識したわけではないけれど気になる本の著者は全員女性でした。
まずは↑の本を。
以前にこういうパックパッカーのブログは読んだことがあるので、そういう感じで楽しく読むことが出来ました。
語り口も面白いのお勧めです。

次に買ったのがコチラ↓









4冊一気読みです。
アジア編と言うのはヨーロッパの旅よりもやはりサバイバル感があって面白い!
私には絶対無理だわ~と思いながら、こちらもとても楽しめました。

さらにこれで飽き足らず最後にもう一冊買ったのがコチラ↓



正直スペインだけ、しかも巡礼の旅というので一番期待感が薄かったのですが…
これは一番心の奥に届きました。
たぶん私が著者と同じく9年で離婚し、同じような年代だからかも知れませんが、途中から旅の終わりが怖くなる著者と本を読み終わるのが怖くなる自分とがリンク、切ない気持ちで読み終わりました。

これについて書き始めるとたぶん私も短編くらい書かないといけなくなるので(笑)割愛しますが、まぁこれだけ読んであたらめて思ったのは、一人旅が出来る人ってスゴイということ。
もちろん私だってやってみればきっと出来ないことはないと思う。
そして「でも私は出来ない」というのをいや仕事が、家庭が、お金がとありきたりの言い訳をすればいくらでも出てくるけど、本当の理由は絶対行きたくない、自信がない、怖いという思いで、まず行動を起こさないと思う。

さてここで前に書いたことがあったかな?
よく覚えてはいないけど、私の人生でたぶん最も大きな影響を与えてくれた一人、元彼/親友が2,3年前から自転車で世界旅行へ行ってみたいというようなことを言っていて、彼と最後に話したのはもう1年前だけど、きっと彼なら本当に行きそうな気がする。
もしかしたらもう行っちゃたんじゃないかとすら思う。
私からすれば彼はたぶん最も尊敬できる一人でいつもすごいなぁと思う。
私よりずっと年下なのに、結局人としての成熟度なんて年はあんまり関係ないんだなと。

そんな彼のことを思い出したり、著者と自分を重ねたりしながら、今私はちょっとばかし複雑な思いが交錯しているところです。
でもどの本も読んで良かったし面白かったです。
あんまり面白すぎて暇さえあれば読んで、本当にあっという間にすべて読み終わってしまい、ちょっと寂しいくらい^ ^;

それからkobo(というか、電子ブックリーダー)は素晴らしいです!
途中で別の本を読みたくなったらサッと切り替えるだけなので、お風呂なんかでよく読書をする私にはぴったり。
心配していた目の疲れも全くないし、koboについて言えば完全防水なので紙のように気も使わない。
本当に買って良かったです。
読書が好きな方には絶対お勧め。

私が買ったのはこちらのカバー付きのタイプ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Aura H2O Edition 2 スリープカバーセット(ブラック)
価格:22680円(税込、送料無料) (2018/6/9時点)






良かったらクリックしてもらえると更新の励みになります^ ^
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
スポンサードリンク

この記事へのコメント