David Austinの薔薇2種をお迎え(ティージング・ジョージア、トランクウィリティー)

DSC03052.JPG


ここ1週間ほどで前庭が驚くほど変わったのですが、とうとう新しい薔薇コーナーまでたどり着きました。
前庭の一番奥に位置する壁沿いの場所です。
画像左にピース、右側にアイスバーグが植わっています。
今回この部分にあったものをすべて取り除きつつ、手前30cmくらい拡張しました!
そしてようやく薔薇のお迎え!!
もうそろそろ場所的に厳しくなってきているので鉢管理が出来るようなものやコンパクトな品種が続いていましたが、この新しい薔薇コーナーにDavid Austinのイングリッシュローズを2種お迎えしました~
(本当は3種お迎えしたかったのですが、色々あって諦めました>_<)
タイトルにある通りティージング・ジョージア(黄色)、トランクウィリティー(白)です。

DSC03068.JPG








この場所のメインカラーは白と黄色なのでこの2種を選びました。
サブとしてクリーム、ベージュ系とごくわずかに青とパステルピンクということにしているので、春になったら周囲にそういう色合いの花を植えたいと思っています。

そして鉢植えで管理していたピエール・アルディティ(白)も同じ並びに植えちゃいました。
このアルディティは木立性、ほとんど横には広がらないタイプで高さも120cm程度なので、ちょっと狭い場所ですが大丈夫だと思います。
今はガランとしていますが、この壁がこの美しい薔薇で埋め尽くされる日が待ち遠しいです。
まだ植えたばかりなのに今から数年後が楽しみ過ぎてたまりませんが、心を込めてお世話したいと思います。



良かったらクリックしてもらえると更新の励みになります^ ^
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • つきいろ

    ミカさん こんにちは。

    そうでしたかティージングジョージアとトランクウィリティを迎えましたか(^ω^)
    ティージングジョージアは強いらしいので良いですね、日本ではアプリコット寄りのクラウンプリンセスマルガリータが女性にとても人気みたいですよ。
    トランクウィリティは結構大輪でプリンセスアレキサンドラオブケントを白くしたような花でした、リンゴの香りがほのかに香って良かったです。
    この塀をティージングジョージアが埋め尽くしてくれると良いでしょうね~想像しただけでうっとりです(^ω^)

    あ、そうそう青い朝顔の記事がありましたね、あれはヘンリーブルーですかね?
    僕の実家でも昔よく植えていて綺麗なブルーに癒されていたのを思い出しました。
    2018年10月28日 21:01
  • ミカ

    >つきいろさん

    こんにちは^ ^
    はい、この2種をお迎えしました。
    本当はアブラハムダービーとかピンクで欲しい品種があるのですが、ピンクは裏庭だけと決めているので、前庭はテーマカラーの白と黄色で選びました。
    本当は3株目にイモージェンも候補に挙げていたのですが、ピエール・アルディティを何とか地植えにしなければと思っていたので、諦めてピエールに場所を譲りました^ ^;
    上手く育ってくれるといいなと思っています。

    朝顔、そうですヘブンリーブルーです。
    ご実家でも植えられていたんですね^ ^
    夫が朝顔が好きなのでこちらで安く売っていた種を買って植えたのですが、土が悪かったのか夏の間はなかなか育ってくれず、今頃になって満開になってます^ ^;
    2018年10月29日 18:41