薔薇の葉色々

5週間ほど前に迎えた薔薇3種ですが、まぁ芽吹いてます^ ^;
当然なのですが品種が違えば葉も違う。
薔薇を育てるまで気付きませんでしたけど(笑)この3種も見事に全部違って面白いです。

↓Ice Meillandecor(アイス・メイアンデコア)
花は白、葉は濃い緑に赤味を帯びた縁取り。

IMG_2098.JPG


↓Patrick Poivre d'arvor(パトリック・プワヴル・ダヴォア)
花は赤に中心が白のバイカラー、葉は全体に赤味を帯びている。

IMG_2101.JPG


↓Cyrano de bergerac(シラノ・ドゥ・ベルジェラック)
花は黄色、葉は爽やかなライムグリーンで瑞々しく見える。

IMG_2102.JPG



何度も書いていますが、芽吹きって本当に生命力に満ち溢れていて、見ているだけで元気が出てきます。
ちょっと風邪気味なのですが、薔薇から元気なエネルギーもらって頑張ります(笑)



良かったらクリックしてもらえると風邪が治ります(笑)
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村
スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • つきいろ

    ミカさん こんにちは。

    芽吹き!?そちらはこれから冬というわけでは無いのですか?
    まあそちらで売られている苗なので普通のことなのでしょうね
    北海道だと遅霜が降りる時期に本州や温室から苗が出荷されるので芽吹いた苗は新芽がダメになってしまい余計な体力を使わせてしまうので注意が必要なんですよね
    それにしてもこの時期に芽吹きを見るとは思いませんでした(^ω^)
    こちらでは後5ヶ月は先の話しですからね(笑)
    本当にみなそれぞれに個性が有ってそれを見て楽しむのも癒されますね
    風邪、早く治るといいですね(^ω^)
    2017年11月23日 21:08
  • ミカ

    >つきいろさん
    こんにちは^ ^

    はい、ガッツリ芽吹いております^ ^;
    なかなかこちらの気候を分かってもらうのは難しいと思うのですが、ここは札幌と緯度的にはほとんど同じながら、気候は全く違います。

    少し前に部分的ですが霜が降りた…みたいなことを書いたのですが、数日冷え込んだだけで今日も日中はカーディガンだけで外に出られるくらい暖かいんです^ ^;
    なので庭では我が家の薔薇はまだ全く落葉もしていないし、それどころからピエール・ドゥ・ロンサール、ジュビリー・セレブレーション、インターフローラ、フェアリーなど数種は花を咲かせている or 蕾をつけている状態。

    夏に引っこ抜いた宿根草も勝手にこぼれ種が発芽して葉が茂ってきているし、先日植えた苺苗も花が咲いて実をつけようとしているし(ただこれは摘んでます)、薔薇も無駄に芽吹かせるのは良くないだろうなとは思いますが、芽吹かせないことが出来ない状態です(笑)

    ここで雪が降るのはチラチラ程度でも1、2年に一度くらい、積もるような雪も数年~数十年に一度なのですが、毎年2月くらいになるとシベリアから寒気がやって来て、氷点下3、4度くらいにはなりますし、数年に一度は氷点下10度くらいにまで気温が下がります。
    そして+100km/h以上の地方風なんか吹かれた日には、むしろ雪に埋まった故郷の新潟の方がまだましと思います^ ^;

    そんなこんなで、こちらでは日本で言う薔薇の冬の剪定は早くて2月の終わりから3月ということになっています。
    こちらでは大抵2月が一番寒くて、それが終わるとすぐに春が来るので春の直前に剪定というわけです。

    それからフランスの冬囲いについて調べたんですが、面白かったです!
    ここに書くかそれとも別の園芸ブログを立ち上げてから書くか分かりませんが、日本人からすると斬新だと思います(笑)

    2017年11月23日 22:38