早速ストライキ^ ^;

新学期が始まったばかりですが、恒例のストライキが昨日(火曜日)にありました。
今回、学校は給食の配給が停止しただけで、私たちの住んでいるところでは市が代わりにピクニック(サンドイッチなどの軽食)を準備したので事実上とくに影響はありませんでしたが、毎年よくやるなぁと^ ^;

でもストライキよりも問題なのが娘の中学校。
まぁ毎日毎日何かの教科担任がいなくて授業なし。
事前に分かっている場合はまだいいものの、朝になってさてそろそろ家を出ようかという時に朝の授業はありません…とかね。
昨日も9時から始まる予定で娘の友達が迎えに来て、家で軽くパンなどを食べていたところ9時からの授業はありませんと連絡。
高校生の息子は息子で、昨日は16時まで授業のはずが13時に帰宅して、もう今日はこれで授業ないって…と。
今までも何度もここでこういう話を書いてると思いますが、本当にただただ呆れます。
日本で先生がお休みなんて、まぁ滅多にないと思いますが、どうしてフランスの先生はこうも欠席が多いんでしょう?
夏休みもガッツリ2ヶ月あるし、それなのに年に何度もストライキするわけです。
確かに教員不足で待遇に不満があるのは分かりますが、夏にブルターニュへ行った際、夫の従姉の娘(我が家の末っ子と同じ年)は何とCP(日本の小学1年生相当)の授業が年度末(ヴァカンス前)に終わらず、フランス語と算数の両方が教科書半分残っている状態で、ヴァカンス中に家で終わらせるよう言われたそうで^ ^;
今まで何度か上の娘の友達のクラスで年度末までにすべての授業が終わらなかったというのを聞いたことがありますが、小学校で教科書半分残ってるって…

昔、高校の先生をしているお友達がいたのですが、彼女は毎日授業の事前準備で夜中の1時位まで寝られないと大変がってましたが、日本とフランスの教員のお給料がどこまで違うか分からないものの、フランスの教員はもうちょっと頑張ってもいいと思う^ ^;



フランスはストライキやり過ぎだよ!と思ったらクリック(笑)
最後までお付き合い、ありがとうございました^ ^
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
スポンサードリンク

この記事へのコメント